ウィンタースポーツを知る

冬場に行われるスポーツと言うものがウィンタースポーツです。
この中でも定番と呼ばれているものが、スキー、そしてスノーボードです。

まず、スキーですが、そもそもこれは昔の人たちの移動手段として考え出されたものでした。
その歴史というのはとても長く、昔の人の石器からスキーをしている人の姿が確認できた程のものです。
そして、戦争の中でもスキーが利用されたこともありました。
スキーは、その後に競技としての発展を遂げることになり、スキー競技の数も増えていき、人口も大きく拡大されたことにより、オリンピックの種目としても扱われるようになりました。
そして、今日の姿があり人々に大きな感動を与えることに成功しているのです。

スノーボードは、スノボという名称で多くの若者を中心として親しまれているものです。
スキーと比べるとその歴史はまだまだ若く、始まったのは1960年代と言われています。
実際に日本での人気が爆発したのは1990年代に入ってからとされており、それまではマイナーなスポーツとしての扱いを受けていました。
現在ではワールドカップも開催されており、競技としての人気も知名度も十分なものがあります。

ウィンタースポーツには、これら以外にもスケートやスノーモービルなどをはじめとした多くのものがありますが、やはりこの2つはウィンタースポーツを語るには外せないものであると言えます。
以下の項において、これらのスポーツの歴史をもう少し詳しく知っておくのも悪くは無いでしょう。

Copyright © 2014 ウィンタースポーツの歴史 All Rights Reserved.